免許取りたての頃の運転について

私が運転免許をとったのは、大学1年生の18歳の時です。車がないと不便な地域に住んでいるので、18歳になったら皆教習所に通うのが当たりなのです。
仮免・本免と順調に受かり、無事に運転免許を取得したときのあの感動は今でも忘れられませんね。

でもやはり、免許取りたての頃はとにかく運転が怖くて仕方ありませんでした。
というのも、当時自宅にあったのは父親の大きめのセダンタイプの車のみ。初心者で距離感がうまくつかめない私には、特に細い道での走行や曲がり角を曲がるなどが非常に難しかったです。
特に内輪差は何度やっても慣れず、左折の際に縁石に乗り上げてしまったり壁にこすりそうになって冷や汗をかいたことは数知れず。当時はとにかく細い道には入らない!を徹底していましたね。

あともう一点、車線変更もかなり怖かったですね。
というより、教習所での路上教習の際に、教官が「はい、車線変更して!」と何度言っても移れなかったのをよく覚えています(汗)。
どんなに距離があったとしても、サイドミラーに車が映ってしまうともう怖くて(その車がいきなりスピードアップして来るんじゃないかとか)車線変更できないのです。
今では笑い話ですが、当時は本気でしたね…。

そんな私も、運転歴20年を超えてすっかり左折も車線変更もラクラクになりました。自分の車は一度も擦ったことがないのが自慢です。
でもやはり慢心は事故のもと。今後も安全運転第一でハンドルを握っていきたいです。